• 起業ナビのご利用方法
  • メルマガ会員登録はこちら
  • ご相談は無料です〜無料相談フォーム
  • 退会

目次

セミナー

2014.07.17
【7/17Thu開催@天狼院書店!すべての起業家必聴!キャッシュフローを劇的に改善する手法たっぷり教えます!】『起業5年目までに知らないとコワイ 資金繰りのキホン』出版記念セミナー
2013.11.11
第5回創業補助金プレセミナー
2013.11.06
創業補助金プレセミナー
2013.09.30
創業補助金&小規模事業者活性化補助金プレセミナー
2012.12.10
【復興六起】起業家集合研修(財務・販促) @福島

評判の記事

会員限定記事

MANAGEMENT

経費の仮払いと立替はどっちが楽?0 stars

そんなこと聞かれてもどんな違いがあるのかよく分からない、という人が多いと思います。
経費の仮払い立替はどのような違いがあるのでしょうか?
いずれも法人(又は個人事業主)と従業員との取引であることに違いはありません。

まずは経費の仮払いです。
仮払いですから、先にお金を支払います。
これは仮に支払うお金ですので、まだどんな費用になるのか実際にいくらかかるのかが分かりません。
その後、「仮払精算」によって、どんな費用なのか、いくらかかったのか、お金が余ったのか、不足したのかが分かります。
仮払いメリットデメリット

一方、経費の立替です。
これは、先に費用と金額が確定します。
つまり、社員は「経費精算」によって自分が会社のために立替えて支払ったお金を会社に請求します。
これによって費用と金額が明らかになり、会社は社員が立替えたお金を支払います。
立替メリットデメリット
上記の通り、それぞれメリットデメリットがあります。
仮払い立替の違いを理解したうえで、どちらの方法をとるか、両方を採用するのかはお任せします。
ただ、現金を管理しなくて済むということは、大きなメリットであることは間違いありません。
この記事はお役に立ちましたか?
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
知りたい情報が見つからない場合は、お気軽にご相談ください!
無料相談フォーム
  • ご相談は無料です 無料相談フォーム
  • 【AMAZONランキング1位獲得!(経営管理部門)】起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン【出版記念】今なら立ち読み用PDFをプレゼント!今すぐ登録する

ページの先頭へ