• 起業ナビのご利用方法
  • メルマガ会員登録はこちら
  • ご相談は無料です〜無料相談フォーム
  • 退会

目次

セミナー

2014.07.17
【7/17Thu開催@天狼院書店!すべての起業家必聴!キャッシュフローを劇的に改善する手法たっぷり教えます!】『起業5年目までに知らないとコワイ 資金繰りのキホン』出版記念セミナー
2013.11.11
第5回創業補助金プレセミナー
2013.11.06
創業補助金プレセミナー
2013.09.30
創業補助金&小規模事業者活性化補助金プレセミナー
2012.12.10
【復興六起】起業家集合研修(財務・販促) @福島

評判の記事

会員限定記事

MAnAGEMENT

代表取締役社長

  • 経営者こそ日報を書け!!5 stars

    経営者こそ日報を書け!!

    毎日、日報を書かされているサラリーマンの方は多いと思います。
    管理職になると、日報を書く仕事から解放されることも多く、
    ましてや経営者となると、日報を書くようなことをしている人はかなり少ないという現状があります。

    しかし、中小企業を支援している立場からは、
    日報を書かなければいけないのはむしろ管理職であり、
    経営者ともなれば、絶対に書いた方が良いと断言できます。


    その理由について、説明していきたいと思います。

  • 新版 結局「仕組み」を作った人が勝っている0 stars

    新版 結局「仕組み」を作った人が勝っている

    5年前に発売されベストセラーになった本が
    文庫本になって復活しました。

    しかも5年前に成功していた人が、
    現在、どうなっているのかが加筆されての出版です。

    一気に読了。

    起業ナビのサイトの趣旨にも合致しているので、
    ご紹介したいと思います。


  • ○○図を書かない経営者は、たいてい「こんなに忙しいのに儲からない」という。0 stars

    ○○図を書かない経営者は、たいてい「こんなに忙しいのに儲からない」という。

    「山口さん、私はこんなに忙しいんです。」
    「それなのに、どうしてウチの会社は儲からないんでしょうか?」

    会計業界歴15年を超えましたが、このご相談は、よくお客様から頂くご相談です。

    また、「自分がもう一人いたら、今の三倍は稼げるのですが・・・。」というようなお話も
    良く聞かされる話です。

    これらは、ただの経営者の愚痴として、聞き流して置けば良いのかも知れませんが、
    どうにかして、お役に立とうと思い、ずっと解決策を考えてきました。

    それがつい最近、あるものを経営者自身に書いて頂けば、この愚痴を解決する糸口が見つかるということが解ったのです。
    それは、、、。
    (※その足りないものの雛形を、全部読んで頂いた方に無料で差し上げます。)

  • 小さい会社は6ヶ月あれば別の会社に変身できる!?0 stars

    小さい会社は6ヶ月あれば別の会社に変身できる!?

    最近、上場会社の経理部長さんとの会話で、「社長が大企業病を治すといって、色々と指示を出すけれど、上場前の頃ならまだしも、現在では、会社が大きくなってしまって、その指示の浸透が進まない」というお話しが出ました。「上場前は、うちの会社は戦闘機だったので、、機長(社長)の指示が入れば、急上昇も急旋回も簡単だった。いまはジャンボジェットなので、旋回しようにも、大きな円を描かないと曲がれないんです。」というお話しでした。

    この戦闘機とジャンボ機に例えた言い方は、ウマいなーと感心すると同時に、起業ナビの主要読者層と思われる皆さんが経営されているような、従業員30名以下の会社であれば、「社長の意思決定次第で会社はガラっと変われる。」ということをお伝えしないといけないなと思いました。

    続きでは、小さな会社にフォーカスをして、業績不振な小さな会社を別の会社に変えてしまうためのポイントについて、紹介したいと御思います。

  • 「オープンブック」で目標を共有しよう!0 stars

    画像はありません

    「オープンブック」とは、財務諸表などの経営数字を社員に公開すること。
    社員が会社の状況を知ることで、目標を共有するようになるのです。

  • 経営者と社員のコミュニケーションには「カジュアル」「フォーマル」「インフォーマル」の3ステップがある0 stars

    画像はありません
    経営者と社員とのコミュニケーションは、企業が成功するにあたって不可欠。コミュニケーションには「カジュアル」「フォーマル」「インフォーマル」という3つのステップがあるといいます。適切に使い分ければいずれも効果を発揮することでしょう。

  • 裸の王様がいっぱい・・・数字から経営状況を理解する0 stars

    裸の王様がいっぱい・・・数字から経営状況を理解する
    会社を設立して、税理士をつけますと、だいたい毎月「試算表」というものを見せてもらえます(早いところで翌月10日くらいに、遅いところで翌々月末くらいに、ひどい場合は出てこないことも・・・)。基本的には、この試算表に「会社の数字」が並んでいます。しかし、多くの場合「なんとなく『うんうん』とうなずかれる」書類であって、「経営状況を理解する」上ではあまり役に立たないことが多いのも事実です。

  • 投資による節税のために必要なこと0 stars

    投資による節税のために必要なこと
    利益が出ると、その利益に対して法人税がかかります。この状況に対する税理士業界の一般的な節税対応策は「あらかじめ利益を予測して、利益が極力少なくなるような役員報酬を設定する」というものですが、成長を目指す企業にはお勧めできない節税策です。

  • ベンチャー経営者が常に把握するべき情報とは0 stars

    画像はありません

    ベンチャー経営者の方には、次の数字をすぐに答えられるようになっていて頂きたいと思います。
    かなりハードルが高いですが、3つ以上知っている経営者の方は、自分は相当「できる」と思って頂いて良いと思います。

  • ご相談は無料です 無料相談フォーム
  • 【AMAZONランキング1位獲得!(経営管理部門)】起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン【出版記念】今なら立ち読み用PDFをプレゼント!今すぐ登録する

ページの先頭へ