• 起業ナビのご利用方法
  • メルマガ会員登録はこちら
  • ご相談は無料です〜無料相談フォーム
  • 退会

目次

セミナー

2014.07.17
【7/17Thu開催@天狼院書店!すべての起業家必聴!キャッシュフローを劇的に改善する手法たっぷり教えます!】『起業5年目までに知らないとコワイ 資金繰りのキホン』出版記念セミナー
2013.11.11
第5回創業補助金プレセミナー
2013.11.06
創業補助金プレセミナー
2013.09.30
創業補助金&小規模事業者活性化補助金プレセミナー
2012.12.10
【復興六起】起業家集合研修(財務・販促) @福島

評判の記事

会員限定記事

MANAGEMENT

賞与の給与計算0 stars

今回は、賞与から控除すべき、社会保険料、所得税の計算方法について書かせて頂きます。
(2008年6月30日時点でのものです。)


①健康保険・介護保険・厚生年金保険
    保険料(従業員負担分)は、下記、計算式にて算出します。
   ・健康保険の保険料=標準報酬額×41/1000
      ・介護保険の保険料=標準報酬額×5.65/1000
   ・厚生年金保険の保険料=標準報酬額×74.98/1000
     【注意点】
    標準報酬額は、支給される賞与の額の1000円未満を切り捨てた額となります。
    また、上限額にも注意が必要です。
    ・健康保険/介護保険=年度の累計額540万円
               (年度は4月1日から翌年3月31日まで)
    ・厚生年金保険=1か月あたり150万円


②雇用保険料
  給与と同じように賞与の額を
   労働保険の一般料額表を当てはめて計算します。


③所得税の控除
  通常の場合、「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」を使って
  以下のように計算します。
  1.前月の給与から社会保険料を差し引きます。  
  2.1の金額を「賞与に対する源泉徴収額の算出率の表」にあてはめて税率を求めます。
  3.(社会保険料控除後の賞与額)×(2で求めた税率)
  【注意点】
    通常の給与の源泉徴収額の算出方法と異なり、
    前月の社会保険控除後の給与額から、「賞与に対する源泉徴収額の算出率の表」を使って
    賞与の金額に乗ずべき率を求めるのがポイントです。

 

以上

この記事はお役に立ちましたか?
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
知りたい情報が見つからない場合は、お気軽にご相談ください!
無料相談フォーム
  • ご相談は無料です 無料相談フォーム
  • 【AMAZONランキング1位獲得!(経営管理部門)】起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン【出版記念】今なら立ち読み用PDFをプレゼント!今すぐ登録する

ページの先頭へ