• 起業ナビのご利用方法
  • メルマガ会員登録はこちら
  • ご相談は無料です〜無料相談フォーム
  • 退会

目次

セミナー

2014.07.17
【7/17Thu開催@天狼院書店!すべての起業家必聴!キャッシュフローを劇的に改善する手法たっぷり教えます!】『起業5年目までに知らないとコワイ 資金繰りのキホン』出版記念セミナー
2013.11.11
第5回創業補助金プレセミナー
2013.11.06
創業補助金プレセミナー
2013.09.30
創業補助金&小規模事業者活性化補助金プレセミナー
2012.12.10
【復興六起】起業家集合研修(財務・販促) @福島

評判の記事

会員限定記事

MANAGEMENT

請求書はどうやって発行する?0 stars

請求書作成において、もっとも大事なことは、記入漏れや請求忘れがないようにすることです。
そのために、日頃から取引先別に受注書や納品書の控えなどと照合するとともに、
金額を得意先と事前に電話で照合するなどの手続きをとるようにします。

請求書のフォーマットについては、
インターネットからダウンロードしたものを利用したり、
それを参考にしながらオリジナルの請求書を作成するのもいいでしょう。

請求書に記載する項目としては以下のようなものがあります。
・取引先、日付
・自社名、印鑑
・入金して欲しい日付
・商品名、数量、単価
・消費税額
・税込金額

作成した請求書は、得意先の締め日に間に合うように送付しましょう。
そうしないと、入金されてくるのがさらに1カ月先に伸びたりして
資金繰りが苦しくなってしまいます。

また、請求書を得意先に送付するときには必ず控えを残すようにしましょう。
控えを残しておかないと、どのような請求書を発行したのかわからなくなってしまいます。

この記事はお役に立ちましたか?
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
知りたい情報が見つからない場合は、お気軽にご相談ください!
無料相談フォーム
  • ご相談は無料です 無料相談フォーム
  • 【AMAZONランキング1位獲得!(経営管理部門)】起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン【出版記念】今なら立ち読み用PDFをプレゼント!今すぐ登録する

ページの先頭へ