• 起業ナビのご利用方法
  • メルマガ会員登録はこちら
  • ご相談は無料です〜無料相談フォーム
  • 退会

目次

セミナー

2014.07.17
【7/17Thu開催@天狼院書店!すべての起業家必聴!キャッシュフローを劇的に改善する手法たっぷり教えます!】『起業5年目までに知らないとコワイ 資金繰りのキホン』出版記念セミナー
2013.11.11
第5回創業補助金プレセミナー
2013.11.06
創業補助金プレセミナー
2013.09.30
創業補助金&小規模事業者活性化補助金プレセミナー
2012.12.10
【復興六起】起業家集合研修(財務・販促) @福島

評判の記事

会員限定記事

START UP

起業に向いている人0 stars

起業に向いている人は、会社組織の中でも輝いている人です。
といったら反論される方は少ないのではないでしょうか。

残念ながら、組織に馴染まないという理由で起業されて成功されている方は極少数です
(成功の定義は様々ではありますが、なんというパラドックスでしょう。)



起業の成功は規模の追求だけではありませんが、「事業」として業を行う以上、たとえ一人で行う事業であっても、ある程度以上の規模的波及効果がなければ成功とは言えないと思います。


ここでいう規模というのは影響力といっても良いかもしれません。


社会が人と人とのつながりでなりたっている以上、人々に対して影響を与える力というものが重要になります。
誤解して頂きたくないのは「カリスマ」が必要ということではありません。

ちゃんと人に伝える事が出来る。
そして、ちゃんと聞いてもらえるということが重要なのです。


後者はより重要な要素です。

聞いてもらえるということは信頼性があるということです。
信頼性はどこからくるかといえば、やはり人柄ではないかと思います。


冒頭に書いた「組織という器の中であっても輝ける人」というのは、組織の枠組みの中ではその力の100%を発揮できていないかもしれないし、本人もその環境に満足をしていないが、決していい加減な仕事をせず、むしろ回りの人から尊敬されるほど、熱心に仕事に取り組んでいる人です。


そういう人であれば、まず周りの人に話が聞いてもらえる。
そして、その人たちが、さらにその周りの人を紹介してくれる。。。

そうした連鎖を引き起こせるかどうかが重要なのです。

起業当初は、「身内」が買ってくれるかどうかと、「身内」が紹介してくれるかどうかにかかっています。
ここでいう「身内」は家族・近親者という意味ではなく、広くお付き合いのある方という意味です。


貴方が、もし現時点でそのレベルに達しているのであれば、もう起業の準備は整っているといえるでしょう。

そうでないとしたら、今のお仕事をもう暫く一生懸命にやってみるというのも手だと思います。

この記事はお役に立ちましたか?
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
知りたい情報が見つからない場合は、お気軽にご相談ください!
無料相談フォーム
  • ご相談は無料です 無料相談フォーム
  • 【AMAZONランキング1位獲得!(経営管理部門)】起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン【出版記念】今なら立ち読み用PDFをプレゼント!今すぐ登録する

ページの先頭へ