• 起業ナビのご利用方法
  • メルマガ会員登録はこちら
  • ご相談は無料です〜無料相談フォーム
  • 退会

目次

セミナー

2014.07.17
【7/17Thu開催@天狼院書店!すべての起業家必聴!キャッシュフローを劇的に改善する手法たっぷり教えます!】『起業5年目までに知らないとコワイ 資金繰りのキホン』出版記念セミナー
2013.11.11
第5回創業補助金プレセミナー
2013.11.06
創業補助金プレセミナー
2013.09.30
創業補助金&小規模事業者活性化補助金プレセミナー
2012.12.10
【復興六起】起業家集合研修(財務・販促) @福島

評判の記事

会員限定記事

START UP

管轄の税務署はどこになるの?0 stars

管轄税務署とは個人事業者及び株式会社が税金を納めることとなる場所(以下「納税地」という。)を管轄する税務署・都道府県税事務所です。

 

納税地は個人事業者及び株式会社によって異なります。

個人事業者の納税地は・・・・・・?

 

個人事業者の納税地は原則として住所地となります。しかし、国内に住所を有せず、居所を有する者はその居所地となります。

 なお、事業所の所在地等を納税地とすることも可能です。但し、その際は別途届出(別項【税務署に出す書類は?、税務署以外にも書類を出すのですか?】)をする必要があります。

 

株式会社の納税地は・・・・・?

 本店又は主たる事務所の所在地として登記された場所です。なお、会社の場合には本店の所在地となり、会社以外の場合には、主たる事務所となります。

<BR>2008年4月30日現在の施行法令に基づいて記述しています。

この記事はお役に立ちましたか?
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
知りたい情報が見つからない場合は、お気軽にご相談ください!
無料相談フォーム
  • ご相談は無料です 無料相談フォーム
  • 【AMAZONランキング1位獲得!(経営管理部門)】起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン【出版記念】今なら立ち読み用PDFをプレゼント!今すぐ登録する

ページの先頭へ