• 起業ナビのご利用方法
  • メルマガ会員登録はこちら
  • ご相談は無料です〜無料相談フォーム
  • 退会

目次

セミナー

2014.07.17
【7/17Thu開催@天狼院書店!すべての起業家必聴!キャッシュフローを劇的に改善する手法たっぷり教えます!】『起業5年目までに知らないとコワイ 資金繰りのキホン』出版記念セミナー
2013.11.11
第5回創業補助金プレセミナー
2013.11.06
創業補助金プレセミナー
2013.09.30
創業補助金&小規模事業者活性化補助金プレセミナー
2012.12.10
【復興六起】起業家集合研修(財務・販促) @福島

評判の記事

会員限定記事

START UP

原始定款に将来的に始める予定の許認可・免許事業を書いておくべきですか(千葉県H様)5 stars

許可や免許が必要な中古車販売、保険代理店、特定人材派遣業など、将来的に始める可能性のある事業について、定款の目的に書いておくことは可能でしょうか?

【回答】
書いておくことは可能ですし、書かなければいけません。
記載がかないと許認可、免許の取得は不可能だからです。

■あとから変更するとコストがかかります
なお、定款の目的を変更すると、その変更登記で登録免許税(3万円)と代行業者の手数料が発生します。したがって、実施する予定のある事業については、原始定款から記載をされることをお勧めいたします。

※この記事は平成21年9月30日現在の法令に基づき作成されています。
この記事はお役に立ちましたか?
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
知りたい情報が見つからない場合は、お気軽にご相談ください!
無料相談フォーム
  • ご相談は無料です 無料相談フォーム
  • 【AMAZONランキング1位獲得!(経営管理部門)】起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン【出版記念】今なら立ち読み用PDFをプレゼント!今すぐ登録する

ページの先頭へ