• 起業ナビのご利用方法
  • メルマガ会員登録はこちら
  • ご相談は無料です〜無料相談フォーム
  • 退会

目次

セミナー

2014.07.17
【7/17Thu開催@天狼院書店!すべての起業家必聴!キャッシュフローを劇的に改善する手法たっぷり教えます!】『起業5年目までに知らないとコワイ 資金繰りのキホン』出版記念セミナー
2013.11.11
第5回創業補助金プレセミナー
2013.11.06
創業補助金プレセミナー
2013.09.30
創業補助金&小規模事業者活性化補助金プレセミナー
2012.12.10
【復興六起】起業家集合研修(財務・販促) @福島

評判の記事

会員限定記事

START UP

事業計画と倒産には深い関係がある0 stars

起業の成功確率という話を、私は起業セミナーでは良くさせて頂きます。起業ナビの経営理念は、「起業の成功確率を上げる」ですので、我々のスタート地点でもあります。

ある統計では、
起業1年後に生き残る確率は80%
3年後には65%
5年後には15%
10年後には6%
と言われています。

これを見て、多くの方が、起業の現実は厳しいということを言います。
私もそう思います。

しかし、起業を取り巻く環境が厳しいから廃業・倒産に追い込まれるのか?と問われれば、私はノーと回答しています。やるべきことをやっていない起業家・経営者も沢山いると感じています。

その一つが、事業計画(予算という場合もありますが)を作っていないということです。

これから起業する方からすると「あれ?資金調達するために事業計画を作るんじゃなかったんですか?」と思った方も多いと思います。
その疑問は鋭いです。

確かに、ほとんどの経営者が資金調達するために事業計画を作るのですが、その多くが、資金調達が終わると、その計画の存在を忘れて、成り行き経営に突入するのです。

成り行き経営の馴れの果てが廃業・倒産です。
続きでは、成り行き経営の問題点について説明していきたいと思います。

記事の続きは「起業ナビ」メール会員、メルマガ会員の方のみ、
ご利用いただけます。(登録は無料です)

  • 新規会員登録
  • 登録済みの方は続きを読む
  • ご相談は無料です 無料相談フォーム
  • 【AMAZONランキング1位獲得!(経営管理部門)】起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン【出版記念】今なら立ち読み用PDFをプレゼント!今すぐ登録する

ページの先頭へ