• 起業ナビのご利用方法
  • メルマガ会員登録はこちら
  • ご相談は無料です〜無料相談フォーム
  • 退会

目次

セミナー

2014.07.17
【7/17Thu開催@天狼院書店!すべての起業家必聴!キャッシュフローを劇的に改善する手法たっぷり教えます!】『起業5年目までに知らないとコワイ 資金繰りのキホン』出版記念セミナー
2013.11.11
第5回創業補助金プレセミナー
2013.11.06
創業補助金プレセミナー
2013.09.30
創業補助金&小規模事業者活性化補助金プレセミナー
2012.12.10
【復興六起】起業家集合研修(財務・販促) @福島

評判の記事

会員限定記事

START UP

日本政策金融公庫(国民生活事業)(旧国民生活金融公庫)の新創業融資を受ける場合、自己資金はなるべく少なくした方が良いのか(東京都K様)0 stars

ある先輩起業家の方から、日本政策金融公庫(国民生活事業)(旧国民生活金融公庫)の新創業融資を受ける場合、自己資金はなるべく少なくした方が良いというアドバイスを受けました。自己資金の金額が少ないと受けられる融資の額も少なくなってしまいますが、本当のところどうなんでしょうか?

回答
おそらくK様を心配されて、融資の金額を絞るようにアドバイスされているだけだと思います。もし、この回答でもご心配であれば、先輩に直接意図を確認されることをお勧めします。

新創業融資制度の条件
「自己資金を少なくして申請した方が良い」という根拠・意図は正確にはわかりませんが、私なりに推測すると、おそらく、新創業融資制度の場合に、自己資金が融資の条件になっているからだと思います。

すなわち、「創業資金の3分の1以上の自己資金を確認できる方」ということは自己資金の金額が借りられる金額を決めることになります。
自己資金の金額が少なければ、それだけ借りられる金額が小さくなり、返済するのが楽になるということではないでしょうか。
自己資金に余裕を持たせれば、そこから返済もできます。 このような考えもおかしくはないと思います。

・・・そもそも、それが理由なら、「借入金を少なくした方が良い」とアドバイスをするかもしれませんが。。。

新創業融資制度での借入のリスクについて
借入金額が大きいということは確かにリスクです。
しかし、新創業融資の場合、その分のリスクは無担保無保証という形で国が負担する融資商品です。
また、融資の条件に自己資金要件が入っているため、国のリスクもその分少なくなるようになっています。
そして、借りる起業家側は+1.2%の利息を追加で支払いリスクを負担します。

返済できなくても良いと捉えられては困りますが、新創業融資制度は創業というハイリスクなことを促進するための融資制度なのです。
日本政策金融公庫(国民生活事業)(旧 国民生活金融公庫)の新創業融資制度の利用を考えるのであれば、自己資金の金額をなるべく小さくすることを考える必要はないように思います。

※この記事は2009年1月15日現在の法令・情報等の基づき作成されています。

この記事はお役に立ちましたか?
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
知りたい情報が見つからない場合は、お気軽にご相談ください!
無料相談フォーム
  • ご相談は無料です 無料相談フォーム
  • 【AMAZONランキング1位獲得!(経営管理部門)】起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン【出版記念】今なら立ち読み用PDFをプレゼント!今すぐ登録する

ページの先頭へ