• 起業ナビのご利用方法
  • メルマガ会員登録はこちら
  • ご相談は無料です〜無料相談フォーム
  • 退会

目次

セミナー

2014.07.17
【7/17Thu開催@天狼院書店!すべての起業家必聴!キャッシュフローを劇的に改善する手法たっぷり教えます!】『起業5年目までに知らないとコワイ 資金繰りのキホン』出版記念セミナー
2013.11.11
第5回創業補助金プレセミナー
2013.11.06
創業補助金プレセミナー
2013.09.30
創業補助金&小規模事業者活性化補助金プレセミナー
2012.12.10
【復興六起】起業家集合研修(財務・販促) @福島

評判の記事

会員限定記事

START UP

敷金礼金について0 stars

敷金礼金は住んでいる地域によって商慣習が違い相場も異なってきます。

どの地域にも共通するのが、新しい物件には敷金礼金が大きくかかるということです。

なかには20ヶ月敷金なんて話もあります。
逆に礼金をなしにしていたりするケースも見られますが、その理由は、古くてなかなか借り手が見つからないからだったりします。

通常は店舗用に借りるとなると敷金は事務所として借りるより高く設定されています。
店舗ですと人の出入りも多く物件も傷みやすいと考えればうなずけます。

 

いずれにしても物件を借りるにあたり、賃料もよく考慮すべきですが、敷金礼金についても出金を伴いますので開業時の資金的にあまり厳しくならないように計画を練りましょう。
また、場合によっては敷金礼金の金額の交渉をしてみるのもいいかと思います。

 

この記事はお役に立ちましたか?
星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
知りたい情報が見つからない場合は、お気軽にご相談ください!
無料相談フォーム
  • ご相談は無料です 無料相談フォーム
  • 【AMAZONランキング1位獲得!(経営管理部門)】起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン【出版記念】今なら立ち読み用PDFをプレゼント!今すぐ登録する

ページの先頭へ