DMの出し方

会社できましたDMを送るの項でDMについて触れましたが、ここではDMをいかにして送り先に見てもらうかを述べたいと思います。 皆様のところにも数多くのDMが日々自宅や会社に送られてくると思います。 送られてくるDMが同じようなもの、もしくは内容が違ってもすべて同じに見えたりすることはありませんか? 開封せずに捨てていることが多くありませんか? 大多数の方がうなずけるのではないでしょうか?DMは非常に印象に残りにくい営業ツールであることは否定できません。

しかし、印象に残す方法、つまりライバルDMたちを抑え開封してもらう方法があります。

それは手書きのDMを送る事に尽きます。

通常、DMは大量に発送されていることが多く宛名シール等を使ってDMを送ると送られた側は自然と開封してしまいます。もちろん、そこで内容に興味がなければ捨てられてしまいますが、少なくとも開封率は上がりますので、ヒット率は上がります。また、手書きで書かれたものは捨てづらいという人間の心理が働き、意外と手元に残りやすいとも言えます。

では、DM作成にあたってすべて手書きであるべきかというとそうではありません。少なくとも封書の宛名を手書きで書けば開封率は上がります。中身もすべて手書きだとただ見づらいDMとなってしまいますのでプリントアウトしたものに少し手書きでコメントを加えるなどとすると非常に読んでくれる率が上がります。

他との差異・優位性を出すことが非常に重要でDMだけでなくビジネスの競争社会においても同じことが言えるのではないでしょうか?

営業・マーケティング部

-営業・マーケティング部

© 2021 起業ナビ