プライバシーマーク(Pマーク)について

ご存知の方も多いと思いますが、Pマークとは民間企業における個人情報の取扱いが適切であることを証明し、取得した企業が社会的信用を得るための制度です。

Pマークの認定企業は個人情報保護法施行後、急激に増化し、現在では9000社以上となっているようです。

 

弊社でも業務上、個人情報を扱うことが多く、個人情報の取扱いの重要性、取得の必要性を強く認識し、現在Pマーク取得に向け活動を行っております。

既に個人情報保護方針を弊社として定め、着実に規程等を作成しておりますが、このPマーク、とにかく細かく規程等を作成していかなければならず、それだけ個人情報の取扱いは難しいものだと日々感じております。

皆様の起業前後におきましても、取引を行う業者様、弊社のような会計事務所等、個人情報を預ける場面は多々あると思われます。

実際、ニュース等で個人情報の流出が報じられることも多く、流出させた会社も痛手ですが、それ以上に流出させられた個人はもっと不安になるでしょう。

流出して損害を受けないためにも取引を実際開始する前に取引先の個人情報の取扱い方を確認してみることをお勧めします。

法務担当

-法務担当

© 2021 起業ナビ