• 起業ナビのご利用方法
  • メルマガ会員登録はこちら
  • ご相談は無料です〜無料相談フォーム
  • 退会

目次

セミナー

2014.07.17
【7/17Thu開催@天狼院書店!すべての起業家必聴!キャッシュフローを劇的に改善する手法たっぷり教えます!】『起業5年目までに知らないとコワイ 資金繰りのキホン』出版記念セミナー
2013.11.11
第5回創業補助金プレセミナー
2013.11.06
創業補助金プレセミナー
2013.09.30
創業補助金&小規模事業者活性化補助金プレセミナー
2012.12.10
【復興六起】起業家集合研修(財務・販促) @福島

評判の記事

会員限定記事

START UP

定款の目的にアレもコレも詰め込んでしまいがちな起業家の皆様へ0 stars

定款を作成するにあたって、会社の目的をどういう言葉で表現するのか?は、最初に悩むことの一つだと思います。

それを調べようとgoogleやyahooで検索すると、定款の目的を設立後に変更すると、登録免許税だけで3万円かかるという情報が飛び込んできます。同時に、会社設立サイトを見ると、会社の目的は後で変更しなくても良いように、出来るだけ範囲を広めに登記しておいた方が良いという情報まであります。

本当にそうでしょうか?

いま、この記事をご覧頂いている方でも、多くの方が登記簿謄本自体をご覧になったことが無いという方だと思います。
つまり、登記簿謄本は、「見る人が見る」情報です。

まずは、その「見る人」が誰かを御紹介すると共に、定款の目的を決めるに際して、どのくらいの範囲まで拡げて登記をしておくべきかについて解説していきたいと思います。

記事の続きは「起業ナビ」メール会員、メルマガ会員の方のみ、
ご利用いただけます。(登録は無料です)

  • 新規会員登録
  • 登録済みの方は続きを読む
  • ご相談は無料です 無料相談フォーム
  • 【AMAZONランキング1位獲得!(経営管理部門)】起業5年目までに知らないとコワイ資金繰りのキホン【出版記念】今なら立ち読み用PDFをプレゼント!今すぐ登録する

ページの先頭へ