"とにかく何でもとりに行く"営業スタンスについて

人それぞれまたは、業種にもよりますが、営業(営業マン)スタンスの一つとして とにかく何でもとりに行くがあります。

ここではこの営業スタンスについて述べたいと思います。

このスタンスで営業活動を行われる場合は最初の売上・契約以降、お客様との付き合い方がうまい人が向いていると思います。何でもとりに行くスタンスではどうしても条件が悪くなっていまいます。
場合によっては最低の条件で契約し、競業他社の中で一番低い金額で契約することになることが往々にしてあります。

そもそも薄利多売の商売で進めていこうという方針で、少しでも利益を確保できているのであればそれで構いませんが、そうでない場合は、どこかで売値を上げていくなどで利益幅を広げていく必要があります。

簡単に言うようですが、一度決まった契約をお客様に不利に働く契約にもって行くのは至難の業です。

ここで、重要なのが日頃の付き合い方です。

もちろん前提として提供する商品やサービスがお客様にとって満足するものでなければなりませんが、人と接する商売である限り、営業マンの人間性が一番問われることになります。

契約をするまでは親切・丁寧であったのに契約後は何の音沙汰もなく契約を変更したいときだけやってくるなんていうのは問題外です。

商品を売り込むと同時に自分を売り込んで分かってもらうべきです。

この自分を分かってもらうということは通常の人間関係と同じくして時間がかかります。自分の思う利益に持っていくには時間のかかることかもしれません。しかし、一度分かってもらえれば長いお付き合いとなり、利益も確保しやすくなります。

つまり、最初にも述べましたが人間的なお付き合いがうまい人(好きな人)はこのスタンスでも十分、食べていけると思います。

スタートアップ

-スタートアップ

© 2021 起業ナビ