【ベンチャーキャピタル】ベンチャーファンドについて

【ベンチャーキャピタル】ベンチャーファンドについて

ベンチャーファンドとは

ベンチャーファンドとは、民間のベンチャーキャピタル(投資会社)が運営する基金のことで、ベンチャー企業等を資金面及び経営面から支援することを目的とします。ここでは独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下 中小機構)が出資を行っているベンチャーファンドをご紹介し、そのファンドから投資を受けたい場合についてご説明したいと思います。

ベンチャーファンドとは

(参考サイト:中小機構

ベンチャーファンドを図式化したものは上記のようになりますが、投資対象は設立7年未満のアーリーステージにあるベンチャー企業で原則として株式公開を目指す企業が対象となっています。
ここで一点ご注意いただきたいのは中小機構や銀行が直接資金を提供するものではなく、あくまで投資会社が運営するファンドから提供が行われることです。

 

[PR]
効率的な経費管理と資産運用なら
\三井住友カード/

ベンチャーファンドの投資を受けるには

ベンチャーファンドの投資を受けるには

(参考サイト:中小機構

このベンチャーファンドの投資を受けるには上記のとおり、経営計画・資金計画等が投資の審査の際に必要となってきますが、中小機構各支部の中小企業・ベンチャー総合支援センター)にご相談されるか、又は起業前から起業後の資金調達も支援している弊社にご相談下さい。

財務部

-財務部

© 2021 起業ナビ