定款作成にあたって押さえていただきたい事項

最低限、次の9つの事項について考えてください。

①会社の目的
②社名
③本店所在地
④資本金をいくらにするか
⑤発起人・社員はいくらずつ出資するか
⑥役員は誰にし、任期を何年とするか
⑦役員の中で誰を代表者とするか
⑧決算期を何月何日とするか
⑨公告方法

会社にとっての定款の意味合いは、「定款とは?」でお話しました。
上の9つのことを決めていただいたときに、定款に記載される事項は次の通りです。
①目的 (絶対的記載事項)
②商号 (絶対的記載事項)
③本店の所在地 (絶対的記載事項)
④設立に際して出資される財産の価額または最低額 (絶対的記載事項)
⑤発起人の氏名または名称および住所 (絶対的記載事項)
⑥発行可能株式総数 (絶対的記載事項)
⑦発起人の出資額 (任意的記載事項)
⑧資本金の額 (任意的記載事項)
⑦役員の任期 (任意的記載事項)
⑧代表者の氏名 (任意的記載事項)
⑨決算期 (任意的記載事項)
⑩公告方法 (任意的記載事項)

現状で会社組織の骨格や運営方針についてこだわりや確信が無かったとしても、最低限、上の9つの事項について定款に記載することをお奨めします。
これによって、定款作成後の会社設立に関する登記実務、および設立後の会社運営がスムーズに行えるはずです。

法人設立手続

-法人設立手続

© 2021 起業ナビ