敷金礼金について

敷金礼金は住んでいる地域によって商慣習が違い相場も異なってきます。

どの地域にも共通するのが、新しい物件には敷金礼金が大きくかかるということです。

なかには20ヶ月敷金なんて話もあります。
逆に礼金をなしにしていたりするケースも見られますが、その理由は、古くてなかなか借り手が見つからないからだったりします。

通常は店舗用に借りるとなると敷金は事務所として借りるより高く設定されています。
店舗ですと人の出入りも多く物件も傷みやすいと考えればうなずけます。

 

いずれにしても物件を借りるにあたり、賃料もよく考慮すべきですが、敷金礼金についても出金を伴いますので開業時の資金的にあまり厳しくならないように計画を練りましょう。
また、場合によっては敷金礼金の金額の交渉をしてみるのもいいかと思います。

創業・事業計画作成

-創業・事業計画作成

© 2021 起業ナビ